inserted by FC2 system

 【日記】


 2017年の日記

 2016年9月〜12月の日記 2016年6月〜8月の日記 2016年1月〜5月の日記

 2015年の日記




 【2016/12/5】

 2016年もついに終わり……

 今回も、そして来年もアリス日記続けていきます。

 魔界下層は精霊の沢山出るステージです。

 低レベルで挑めばあっという間にやられるような場所ですが、

 HPも十分に上がっているので難なく倒すことができます。

 特に先制攻撃を繰り出してくるウンディーネと敏捷力の高いシルフィードは

 体力をじわじわと削ってきます。





 新しい特殊技能も上昇させるステータスを間違えなければ

 大きなダメージが与えられます。しかしその辺りのヒントはまったくないため、

 本当に不親切なゲームです。

 さらに同じような名前でも攻撃、魔法力の依存が違う場合などもあり、

 この辺りの作りの粗さは始めて作った時のあやまちの一つですね……。





 迷いの森のように延々と木々が続くステージにはちょっとだけ

 イベントも配置されていて、ろくでもないことが書いてあります。

 ただ書いた覚えはあったものの、何が書いてあったかはっきり覚えていなかったので、

 久しぶりにこれを見てちょっと恥ずかしい気持ちになりました。

 扉や洞窟の中へ入ると同じフロアのどこかへ飛ばされてさらに帰れなくなります。



 露天風呂はありませんでしたが井戸の下へ行くことができます。

 井戸の下を道なりに進んでいけば下の画像の中ボスに遭遇します。





 かなり大勢で襲われますが周りはザコ敵と同じステータスなので

 全体攻撃で排除すれば後は中央のボスに集中できます。

 アリスの新技や、あまり火力のないメルヘンたんの技能なども少しずつ強くなり、

 ダメージはついに10000ポイントぐらい与えられるようになりました。

 まだ、この「ネレイデス」は以降登場しなくなった「狂乱」状態にしてきます。

 混乱などとは違い味方を攻撃したりするのではなく、

 数ターン行動不能+防御、精神、敏捷が0になるという状態異常です。

 動けなくなるだけの麻痺よりも厄介な状態異常です。

 まだこの時のウディタには混乱のような状態にできなかったため、

 しょうがなくこういった状態異常にした……のだろうか?



 中ボスのフロアを抜けこのステージの折り返しにたどり着きました。

 今回はちょっと長くなってしまったのでここで終わりです。

 次回は引き続き妖精の森ステージを攻略しつつ、次のダンジョンにも入っていきます。







   【拍手返信】


 大室 さん

 コメントありがとうございます!  まだはっきり決めたわけではないので確定ではありませんが、

 いずれは作りたいと思っています。

 ただ純粋に移植するか大胆にリメイクするかまでは決めていません。

 ……とりあえず次作の完成度によって来年決める予定です。

 次作共々もうしばらくお待ち下さい!








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 【2016/11/3】

 もうすぐこの2016年も終わりそうですね。

 新ゲームの進捗はあんまり……。

 グラフィック関連がちょっと自信ない感じです。

 作るついでに目次の画像も書きたいとは思うのですが……。


 という感じで今回もアリスの更新を行なっていこうと思います。

 そろそろ中盤に突入です。と言っても物語はほとんどないので、

 あまり実感がないのがこのゲーム。



 有栖国の町中を進んでいくステージですがここも魔界などと同じようにかなりだだっ広い

 迷路のようなダンジョンになっていて簡単に迷子になってしまいそうです。

 ただ、前回からかなり味方の強さが上がっているため全体攻撃を二発撃てば全滅させる

 こともできるくらいに成長していたため難易度はかなり低めに。



 道中中ボスに出会いましたが大した攻撃もなく、あっという間に倒すことができました。

 この中ボスで「大尉」ですが、次のダンジョンではこの階級の敵がザコ敵として沢山出てきます。





 町中っぽい雰囲気のダンジョンが突然に謎の小屋が大量にある場所に迷い込みました。

 砂漠のダンジョンのように入れる小屋が一箇所だけあるという意地悪な仕掛けです。

 中はクーの本屋さんで魔書をいろいろ買うことができます。

 砂漠の時よりもいい本が売っていたので購入しておきます。

 「獣神変異」や「蘭契詩篇」は後々のゲームにも登場してますよ。





 いきなり下校中の中学生に襲われたりしながらさらに奥を目指します。

 再び道を阻む中ボス出現。状態異常の得意な敵で視野狭窄という堅苦しい状態異常を

 全体に振りまいてきます。要するに「暗闇」とか「盲目」みたいな

 命中率低下の状態異常です。通常攻撃連打をやめて特技を上手く使って倒しました。

 このゲーム、攻撃依存だろうと魔力依存だろうと回避率無視って……。





 長い階段の一番上にはどこかで見たことのある敵が……。

 ちょっとだけ強くなったミニミたんとの再戦です。威力の高い全体攻撃に苦しめられましたが

 サイコたんの「フェイ・ミュー」で味方全員のHPを回復できるようになったため、

 戦闘自体は大分楽に。正直、全体回復なんて便利なものを習得することを

 私はすっかり忘れていました。

 二回目ではマシンガンの他にも閃光弾やロケットランチャーで攻撃してきます。





 ミニミたんを倒し奥へ進むとすぐに大きな門の前に到着。

 またまた見たことのある人が道を塞いでいます。

 「ここから先は城内、先へ進む刺客があるか確かめてあげましょう」みたいなことを

 言ってグリムたんとの二回目の戦いが始まります。

 強力な全体攻撃に加えて転倒・盲目を加える単体攻撃「人魚姫」と

 2000ポイント近いダメージを与える「灰被姫」などの攻撃を繰り出してきます。

 ミニミたんのロケットランチャーが命中率を持っているのに対してグリムたんの

 攻撃は確実にダメージを与えてくるのでなかなかに危険な戦いになります。

 また、このゲームの単体攻撃はあまり強くないため、結構時間がかかる戦いになりました。

 アリスの通常攻撃×2と現レベルで使える単体攻撃は大体同じような威力です。

 なので結局通常攻撃を使ってしまうという、特技の意味があるのかないのか……。


 グリムたんも無事に倒し大きな入り口の中へ。

 ここから先は城の中、難易度はまた跳ね上がるのでここは順番通り魔界のステージへ

 戻って進めていきます。次の魔界は妖精や精霊の敵が出て来るいかにも中盤っぽい

 ステージになります。



 もし来年に今のゲームが出せなかったらみちるの代わりにアリスのリメイクしようかな……

 なんて考えています。どうでしょう?












 【拍手返信】


 ブラスター さん

 コメントありがとうございます!

 ムルムルをプレイしてくださりありがとうござます!

 2013年今頃に発売されたということはもう三年ぐらい前になりますね。

 現バージョンのムルムルではルサルカなどで手に入るパスワードを

 使うことで追加されるダンジョンや特典もあるので

 時間に余裕があったら是非挑戦してみてください!







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 【2016/10/5】

 今年中に新ゲームの情報を出したいところなのですが、

 まったく進捗していません、という黒木です。

 マップの多さとフラグ管理が鬼門……。


 ということで今回もアリスの日記です。

 前回は道を塞ぐメイドさんの目の前で終わりました。

 今回は彼女との戦いから始まります。



 この先にあなたの探すものはない……そんなことを言いながらも戦闘に。

 3人目のメイドさん「ティーたん」との戦闘です。





 強力な物理攻撃を繰り出してくるティーたん。ムルムルの中ボスで現れる時の

 性能と同じように打撃系の技を中心に全体、状態異常を与えてきます。

 体力が少なくなれば四桁の強力な技も出てきます。

 しかし、それまでの間にパーティもかなり強くなりました。

 あまり戦闘では活躍しそうになかった「メルヘンたん」は仲間を「メルヘン」状態に

 することでステータスを上昇させることもでき、本人もわりと大きなダメージを

 与える技能を習得しました。

 無事に倒し、メイドさんの奥の小屋の中へ。





 小屋の中に先回りしているティーたんはよく分からないことを言うとどこかへ消えてしまいました。

 物語はまだ始まったばかり……なのだろうか。その答えはこの奥に?

 小屋の奥には詩人の残した意味深な本と「ソロモンの大鍵」がありました。

 装備することで魔法力が上昇する貴重な装備です。

 この小屋からはアリスの屋敷へと戻ることもできるのでそのまま帰宅します。



 進んだ先は物置。なんと物置の鍵を手に入れた!

 物置の鍵は宝物庫の入り口を塞いでいる扉に必要な鍵です。

 ということでさっそく宝物庫の中に入っていきましょう。







 ここでは今まで手に入れた意味ありげな鍵を使うことで中のお宝を手に入れることが

 できる仕組みになっています。つまり「ダンジョンを進める→鍵ゲット→宝物庫でお宝ゲット」という

 この流れを活用することで有利に探索を進めることができるというわけです。

 扉を開けるための条件は様々で鍵だけでなくアイテムや装備を必要とする場合もあります。

 メイドさんになりきるイベントは作った私自身も忘れていたようなイベントで、

 正直びっくりしたというか、シュールというか、思わず苦笑するようなレベルです。恥ずかしい。

 ……こんなイベントが今作っているゲームにもあるなんて言えない……。





 さて、いきなりですがさっき手に入れたソロモンの大鍵で扉が開きそうです。

 扉の先には一人の少女が……なんでも宝石を沢山集めれば何かを作ってくれるそうです。

 宝石はもの凄い勢いで手に入るのですが、まさか交換することになるなんて……。

 そんなことを忘れて私はほとんど売ってしまいました。

 次は魔界から場所が変わって再び有栖国の内部へと入っていきます。

 ずっと前に瞬殺されてしまったあの場所へリベンジすることになります。

 四人の快進撃はいつまで続くのか?

 次回の更新も待っていていただけるとうれしいです。









 【拍手返信】


 もち さん

 コメントありがとうございます!

 作製当初は個別ルートもなかったので、私の作るゲームは全般的に悲しい感じで終わる

 ラストが多いような気もします。リメイク前のムルムルのエンディングはもう少し違って

 いるので暇があったらどうぞ……。

 なんというか、主人公たちから逃げるようなエンドです。

 しかし、あのみちるに限ってそんなことが……(笑)。



 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 【2016/09/15】

 今回はムルムルの小ネタ集……なのですが、

 実際、後半のほうになるとほとんど隠し要素的なものはなくなります。

 強い装備などもなるべく発見されるようにわかりやすく配置されているので

 いじわるな隠し要素などはないようにしました。

 その分、ゲームにはあまり関係のない小技などを集めてみました。

 今回で小ネタ集は終わりです。ルサルカも隠し要素が多いのですが、

 それはもう少し後にとっておきます。




  その16 「フラグ管理」

 このゲームのイベントのほとんどが所持品の有無がフラグになっています。

 というのもムルムル廻ver.1.00完成時には変数(ゲームのフラグを管理する数値)を

 一切使わずに作製されているためです。

 意図したわけでなく、ただ単に使い方を詳しく知らなかっただけです。

 ルサルカではこれでもかというくらいに使っています。

 ……この所為で所持品がかさんでしまったと思うと、本当に申し訳ないです。



 作中の●や☆を預けるないでください、というのは所持品の有無で

 フラグの分岐を行なっている所為です。もともとはアイテムを預ける機能も

 なかったため、この辺りはかなりでこぼこになってしまっています。

 しかし、このゲームのわかりにくいストーリーを説明する要素でもあるため

 削除せずそのまま残しました。



 逆に、これを利用することで見れないはずの展開を見ることも可能です。

 ただこれはバグと同じようなもので、その後の進行が不可能になることも

 ありうるので自己責任でお願いします。セーブはこまめにとっておいてください。

 この「心の検査室」で各ボス戦前に重要となるアイテムを所持しているか、預けるかで、

 良い展開と悪い展開の両方を見ることができます。

 別に大きな変化はありませんが……。



 これを利用することで現れる人物を消すこともできます。

 クエスト完了の■を消すとラスボスを倒した後の部屋にいる人達を消すこともできます。

 クエストクリアと一緒に貰える「愛のかけら」を減らせばレベルアップの

 度合いも変わることが分かるはずです……。




  その17 「フランの好感度」



 ムルムルでは後半に仲間になることもあり影の薄いフラン。

 技能は他のキャラクターにはない便利な技を習得できますが、それだけではありません。

 フランの好感度が上がっている状態だと強いアイテムや変なイベントが現れます。

 フランの好感度が80あれば「裏スクール」の意味深なあの場所に……。




  その18 「隠れた能力」



 持っている武器や防具の中には隠れた力を持つものがあります。

 セレブたんならばその隠れた力を見ぬいてくれるかも?

 一見使えなそうなあの武器も以外と強い?




  その19 「まだ終らない戦い」



 パスワードや引き継ぎを行ない、特定のアイテムを持って裏ラスボスを倒すと

 さらに強力なボスが……。

 姉のために立ち向かった一人の少女を助けることができるのか……?




  その20 「エンディング」



 このゲームのエンディングはラスボス撃破後にエレベーターに乗るエンドと

 引き継ぎ要素を用いて裏ラスボスを倒した後のエンドと上記のさらなるボスとの戦いで

 三つのエンディングがありますが、分岐するのはエレベーターだけです。

 好感度が高い状態でダブルベッドイベントをこなしていると個別のエンドを

 見ることができ、また特定アイテム所持でグレたんの消滅を防ぐことができます。

 しかし、このゲーム本来のエンディングはグレたんを助けず、好感度を上げずに

 クリアした場合の「飛び降りエンド」です。

 心の中で仲間に別れを告げて消えていくフウミ、それを待つ三人……

 その後、荒廃した世界はどのように変わっていくのでしょうか……?

 まだ見ていない人は是非このエンドも見てみてください。

 ちなみに、この状態でメニューの「タイトルへ」を選択するといつもと違う?













ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 【2016/09/02】

 黒木です。

 この「白黒ステラリウム」もようやく一周年を迎えることができました。

 見てくださった方、ありがとうございます!

 今回は「殺戮!アリス症候群」のプレイ日記になります。

 魔界中層部を攻略しにいきます。



 一面が水に覆われた海岸のような場所。魔界とは思えないような明るいステージ。

 しかし、こんな水と砂の道が蛇のようにずっと続いています。

 十分近くこのような映像が続くのでかなり精神力を削られます。

 敵も油断すれば全滅しそうなダメージを繰り出してきます。



 しかし、それまでの間に仲間たちも少しずつ強くなっています。

 アリスの全体攻撃の技能は敵全体にかなり大きなダメージを与えてくれます。

 ムルムルのように全体攻撃で先制できれば敵を楽に倒せそうな難易度です。

 こちらが強すぎるのか、相手が弱いのか判断に困る所ではあります。

 これで一つダンジョンを飛ばすと全然勝てない、ということもあるのがこのゲーム。





 さらに道中、サイコたんがさらに強い全体攻撃を覚えザコ戦がかなり有利に。

 そして、しばらく歩くと家がたくさん並んだ背景に。

 この家は入れそうで入れません。しかしこうも沢山あるとどこかに入れる場所が……。

 家の立ち並ぶステージを迷いながら進むと一つの看板が。

 左に行くとクーのお店が? さっそく左側の家を一つ一つ調べていくと……。





 クーの本屋さんに入ることができました。

 この時からクーは本屋を開いていたのですが、ムルムルの時とはかなり

 容姿が変わっています。魔書を扱う人物ということでミステリアスな感じに

 なったのがムルムル登場のクーさんです。

 売っている本も強いのか弱いのか分かりません。ステータス上昇率記載なし。

 しかし本棚を調べるとある程度の効果が分かるようには

 なっているようです。いつの間にかお金がものすごい貯まっていたので

 奮発して「聖女解体儀礼」を購入しました。クリティカル率の上がる魔書です。



 そして、屋敷へ帰れる扉と一人の女性が道を塞ぐ場所に到着。

 ここがこの魔界中層部の最深部のようです。

 次回は女性と戦っていきます。この奥には一体何があるのでしょうか?


 次回更新予定のムルムル小ネタ集はまだ作製途中なので、

 是非気になっていることなどがあったら教えてください。









 【拍手返信】


 もち さん

 コメントありがとうございます!

 私も早く新しいゲームの情報を出せるように頑張ります!

 とりあえずホームページの更新はアリス日記が主になる予定です。

 アリスをクリアするくらいには新しいゲームの紹介ができるくらいには

 完成している……はずです!







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 2017年の日記

 2016年9月〜12月の日記 2016年6月〜8月の日記 2016年1月〜5月の日記

 2015年の日記


トップページに戻る